(公財)長岡市芸術文化振興財団

アクセス お問い合わせ よくある質問
文字サイズ変更ボタン
財団概要

アドヴァイザープロフィール

マネジメントアドヴァイザー 衛 紀生 氏 

first_photo

早稲田大学中退後、虫プロダクション企画演出課に勤務。ほぼ同時に演劇批評家として雑誌「新劇」等に連載を始める。70年代後半、山崎哲、渡辺えり子、北村 想、竹内銃一郎らをいち早く評価して「第三世代」のネーミングマスターとなる。80年代後半からBSエンターテイメント・ニュースの演劇キャスターを務め、93年に地域演劇の振興と演劇環境の整備を目的に舞台芸術環境フォーラムを設立。早稲田大学文学部講師。県立宮城大学事業構想学部・大学院事業構想学研究科客員教授を経て現職。

現在、芸術文化振興基金地域文化活動専門委員など十数地域の自治体文化行政にかかわる一方で、文化庁、財団法人地域創造、芸術文化振興基金、などの委員を務め、あわせて日本照明家協会賞舞台部門、ニッセイバックステージ賞等の審査委員を務める。

  • 歌舞伎・演劇評論家 文化行政アドバイザー
  • 東京芸術大学演奏芸術センター講師
  • 全国市町村職員研修所講師
  • 特定非営利活動法人舞台芸術環境フォーラム理事長
  • 文化経済学会<日本>理事
  • 特定非営利活動法人世界劇場会議副理事長
  • 特定非営利活動法人現代三味線協会理事
  • NPO学会会員
  • 行政学会会員
  • 国際批評家協会日本センター会員
  • 公益社団法人全国公立文化施設協会理事
  • 公益社団法人日本劇団協議会理事

 著書

  • 『芸術文化行政と地域社会』
  • 『これからの芸術文化政策』
  • 『阪神大震災は演劇を変えるか』
  • 『21世紀のアートマネジメント』
  • 『地域に生きる劇場』

など。

 

   

このページのトップへ戻る